会勝寺 (滋賀県近江八幡市安土町) 安土城跡西麓

1576年織田信長によって築かれた安土城は1582年本能寺の変後、
間もなく火災によって焼失しているが、現在も石垣などが残され、当時の
城の様がCGなどにより復元され、その偉容が想像されている。
城跡は特別史跡として整備され、観光地ともなっている。
その西麓に建つ会勝寺の千手観音立像は、もと安土山にあったお寺の
本尊であったといわれている。
安土城が焼失した後に、観音堂が建立され千手観音が安置されたらしい。
明治時代以降に、会勝寺が観音堂の隣に移転し、観音堂を管理するように
なっている。

<滋賀県湖東のお寺一覧>参照

(1)寺名:会勝寺(えしょうじ) 
(2)住所:滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6220
(3)山号:豊徳山 (4)宗派:天台宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)千手観音立像:重要文化財 藤原時代

画像
                     安土城跡入口

画像
                      大手道跡

画像
                       観音堂

画像
                        本堂