もくもく探索日誌 2014年2月23日 京都山城~木津川~伊賀

京都府木津川市山城町平尾に10時半到着。
不動川沿いを上流へ不動川公園から更に奥へ。
鎌倉時代後期といわれる<磨崖仏・谷山不動尊>は川沿いの山道から
石段100段ほど登る。
朽ちた小堂の中に磨崖仏。
木津川沿いに上流へ。笠置町の藁葺薬師堂の<法明寺>は無住の
寂れたお寺であるが、薬師堂の姿には驚く。

画像
                      谷山不動尊

画像
                       磨崖仏

画像
                     法明寺薬師堂

木津川に架かる潜没橋(沈下橋)を渡り、石塔類を見るべく<東明寺>
へ。ここも無住のお寺。
木津川を更に上流へ。京都府最南端の南山城村に入る。
重文の薬師如来立像が本尊の<春光寺>を経て、木津川の上流・名張川
を上流へ。

画像
                       潜没橋

画像
                       春光寺

名張川沿いに梅林が拡がる月ヶ瀬梅林へ。
ここの梅は3月中旬と遅い梅。
梅林を見下ろす<真福寺>は、月ヶ瀬梅林発祥の寺といわれ、梅林は
600年前に遡るといわれている。
1万3千本の梅林は壮観であろう。

画像
                       真福寺

画像
                     梅林と名張川

画像
                     つぼみが堅い

伊賀へ。
八幡杉の<薬師寺>、十三重石塔の<蓮徳寺>、カゴノキの<高徳寺>
と道に迷いながらの走行。
伊賀忍者の祖・百地三太夫の菩提寺で、百地城跡に建つ<青雲寺>は
まだ雪が残り冷たい風が吹き抜ける。
万歩計5千歩。
車走行距離140km

画像
                       八幡杉

画像
                       高徳寺

画像
                       青雲寺

画像
                       百地城跡