玉泉寺 (滋賀県高島市安曇川町) 近江湖西27名刹第21番

びわ湖百八霊場・近江湖西27名刹第21番の玉泉寺は、奈良時代に行基
によって開創されたと伝わる古刹で、阿弥陀山山麓に多くの石仏・石塔類
が安置されていることでも知られている。
それらの中でも、石造五智如来像は丸彫りの室町時代の作と考えられている。

(1)寺名:玉泉寺(ぎょくせんじ) (2)住所:滋賀県高島市安曇川町田中3459
(3)山号:遍照山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開基:行基 (6)開創:729~749年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)びわ湖百八霊場近江湖西27名刹第21番
2)石造五智如来像:市指定文化財 室町時代後期
3)五重石塔・石造宝塔:鎌倉時代後期

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                       五智如来

画像
                     五重石塔など

画像
                        本堂