お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 長香寺 (京都市下京区) 京都大工頭・中井家の菩提寺

<<   作成日時 : 2012/07/29 08:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都大工頭の職は、江戸時代に徳川幕府の大工頭として朝廷や幕府の
建築・再建に携わった職で、中井正清を初代として江戸時代末まで
続いている。
中井家は徳川家康に重んじられ、江戸城・日光東照宮など多くの作事に
あたっている。

長香寺は、1608年家康の妾・おこちゃの願望により開創され、堂宇の
建立には中井正清も携わっている。
その後、中井家の菩提寺になっている。

(1)寺名:長香寺(ちょうこうじ) 
(2)住所:京都市下京区高倉通松原下ル樋之下町37−5
(3)山号:常照山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:信誉称阿 (6)開創:1608年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)観経十六観変相図:重要文化財 13世紀

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

長香寺 (京都市下京区) 京都大工頭・中井家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる