お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 上善寺 (京都市上京区) お軽の墓

<<   作成日時 : 2012/05/30 19:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

仮名手本忠臣蔵に登場するお軽・勘平のお軽のモデルといわれる
二文字屋の娘・梶女(於可留)の墓が上京区・上善寺にある。
梶女は、山科に隠れ住んだ大石内蔵助の傍に半年ほど仕え、子供
も授かったといわれている。

上善寺は863年開創されたと伝わっている。
1594年鞍馬口へ移転し、現在も鞍馬口に上善寺(浄土宗)は残っている。
旧地に再興されたのが現在の上善寺である。上善寺は2ヶ寺あることになる。

(1)寺名:上善寺(じょうぜんじ)
(2)住所:京都市上京区南上善寺町143
(3)山号:千松山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開山:慈覚大師円仁 (5)開創:863年 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                       山門

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

上善寺 (京都市上京区) お軽の墓 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる