峯寺 (島根県雲南市) 出雲国神仏霊場第17番

峯寺は658年役行者によって開創されたと伝えられる修業道場で
あった。山腹に広がる境内からは三刀屋の風景が望め、精進料理も
提供する癒しのお寺である。
出雲国神仏霊場の札所で、出雲地方の古刹として参拝者や観光客も
結構多いと聞く。

庫裡や本堂は二重屋根の重層構造で、この辺りでは珍しい伽藍である。
本堂裏手には松江藩主・松平不昧お好みの枯山水庭園がある。

(1)寺名:峯寺(みねじ)<別称:出雲大峯> 
(2)住所:島根県雲南市三刀屋町給下1381
(3)山号:中嶺山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開山:役行者 (6)開創:658年 (7)本尊:大日如来、聖観音
(8)その他
1)出雲国神仏霊場第17番
2)聖観音像(画):重要文化財 平安時代初期
  真言八相像(画):県指定文化財 室町時代
  不動明王二童子像(画):県指定文化財 鎌倉時代
  十二天像(画):県指定文化財 室町時代
3)三刀屋真景富嶽図:市指定文化財 江戸時代末期
4)庭園:江戸時代後期 枯山水

画像
                       仁王堂

画像
                        本堂

画像
                        庫裡

画像
                        庭園

画像
                        観音堂

画像
                        眺望