安居寺 (富山県南砺市) 越中の古刹

南砺市の西北端に位置する安居寺は、718年インドからの渡来僧・善無畏三蔵
が聖観音を本尊として開創したと伝えられている。
その後、聖武天皇の勅願により行基が伽藍を整えたといわれる古刹で、江戸時代
には加賀前田家の祈願所として大いに栄えたといわれている。
本尊聖観音は幅広いご利益があると篤い信仰を集めているようだ。

裏山は公園として整備され、木々に覆われた境内と共に市民の憩いの場にも
なっている。多くの文化財があり、境内の風景も含めて<北陸の高野山>とも
呼ばれている。

(1)寺名:安居寺(あんごじ) (2)住所:富山県南砺市安居4941
(3)山号:弥勒山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開山:善無畏三蔵 (6)開創:718年 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)主な仏像
  本尊聖観音立像:重要文化財 平安時代初期 像高90cm
  前立本尊・聖観音立像:県指定文化財 鎌倉時代 像高60cm
  石造地蔵菩薩半跏像:県指定文化財 鎌倉時代 像高40cm
  見返り阿弥陀如来立像:県指定文化財 室町時代 像高80cm
  仁王立像2躯:市指定文化財 1615年 山門に安置
2)観音堂:県指定文化財 1766年
  仁王門:市指定文化財 1772年
3)その他文化財
  石燈籠:県指定文化財 1599年 総高250cm
  絵馬:県指定文化財 桃山時代
  絵馬:市指定文化財 1611年
  安居寺古文書:市指定文化財 江戸時代
  鰐口:市指定文化財 1659年
4)市指定史跡
  伝長慶天皇御陵、地蔵林
5)市指定天然記念物
  大ケヤキ:推定樹齢500年
  アベマキ林
6)桜の名所

画像
                       参道

画像
                      仁王門

画像
                      観音堂

画像
                       境内

画像
                    山門と大ケヤキ

画像
                    仁王像(山門)

画像
                       本堂