南照寺 (滋賀県湖南市) 近江湖南27名刹霊場第12番

夏の盛りに、男女のシンボルを作って集落を子供たちがかついで練り歩く
祭<ぼんのこへんのこ祭>が行われる松尾神社と同居している南照寺は、
もともと神仏習合のお寺である。
805年伝教大師最澄が阿星山の麓に開創したと伝えられているが、
1575年現在地に移転したといわれている。
近江湖南27名刹第12番になっているが、歴史を感じるものがある。
それは、松尾神社と同居している関係かもしれない。

(1)寺名:南照寺(なんしょうじ) (2)住所:滋賀県湖南市平松264
(3)山号:美松山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:伝教大師最澄 (6)開創:805年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)近江湖南27名刹霊場第12番
2)芭蕉句碑:西行の庵もあらん花の庭

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      松尾神社