報恩寺 (滋賀県野洲市) 白鳳時代の聖観音像

菩提寺山(363m)北麓にある報恩寺は目立たない場所にある小さなお寺
であるが、1760年地元の広幡家から授けられた聖観音立像は県内でも
少数の白鳳時代仏像である。
報恩寺の開創は不詳であるが、室町時代に再興されている。

(1)寺名:報恩寺(ほうおんじ) (2)住所:滋賀県野洲市南櫻2365
(3)山号:智極山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)銅造聖観音立像:重要文化財 白鳳時代 像高39cm
2)五重石塔:市指定文化財 鎌倉時代後期 高さ183cm

画像
                      菩提寺山

画像
                       外観

画像
                      五重石塔