正楽寺 (滋賀県栗東市) 近江湖南27名刹霊場第22番

栗東市の市街地にある正楽寺の創建は古く、平安時代後期に遡ると
伝えられているが、詳細は不詳である。
1732年現在の霊仙寺跡に移転してきたが、長い間無住の状態が
続き荒れ放題になっていた。
2002年に大阪田辺の法楽寺が手を差し伸べ、法楽寺の別院として
再興されている。

<法楽寺>参照

(1)寺名:正楽寺(しょうらくじ) (2)住所:滋賀県栗東市霊仙寺583
(3)山号:碧雲山 (4)宗派:真言宗泉涌寺派法楽寺別院
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)本尊阿弥陀三尊像:市指定文化財 藤原時代
2)石造宝塔:市指定文化財 鎌倉時代末期

画像
                       門前

画像
                       本堂

画像
                     霊仙三蔵像

画像
                      石造宝塔