雲峰寺 (山梨県甲州市塩山) 武田氏の祈願所

山梨県甲州市塩山の笛吹川支流上流・大菩薩峠への道沿いにある雲峰寺は、
745年行基が十一面観音を彫って祀ったのに始まると伝えられている。
室町時代になり甲斐武田氏の祈願所となり、武田信虎・信玄の篤い支援を
受けて堂宇が再興されている。
現在の伽藍はこの再興時のものと考えられている。

1582年武田勝頼主従が天目山山麓の景徳院がある地で自害した折、
家臣が武田氏家宝の<日の丸の御旗><孫子の旗>などがこの雲峰寺に
納められたと伝えられており、現在宝物殿に保存されている。

清流沿いの杉林に覆われた参道を200段あまり登ると目の前に見事な
推定樹齢700年といわれる桜の巨樹が迎えてくれる。

<山梨県のお寺一覧>参照

(1)寺名:雲峰寺(うんぽうじ) (2)住所:山梨県甲州市塩山上萩原2678
(3)山号:裂石山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:行基 (6)開創:745年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)伽藍
  本堂:重要文化財 戦国時代 檜皮葺
  書院:重要文化財 戦国時代 茅葺
  庫裡:重要文化財 戦国時代 茅葺
  仁王門:重要文化財 戦国時代 銅板葺
  中門:市指定文化財 檜皮葺
2)その他文化財
  日の丸の御旗:県指定文化財 1056年といわれる
  孫子の旗:県指定文化財 1553~64年頃
  諏訪神号旗:県指定文化財 
  馬標旗:県指定文化財 
  雲峰寺文書:市指定文化財
  絵馬:市指定文化財 1651年など3枚
3)桜:県指定天然記念物 推定樹齢700年

画像
                       参道

画像
                       参道

画像
                   <重文>仁王門

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>書院

画像
                    <重文>庫裡

画像
                   <重文>仁王門

画像
                      仁王像

画像
                      桜の木