霊仙寺 (大分県豊後高田市) 国東六郷満山霊場第20番

大分県豊後高田市の<夷耶馬>と呼ばれる夷地区にある霊仙寺は、
718年伝説上の僧・仁聞菩薩によって開創されたと伝えられている。
六郷満山末山本寺として山岳宗教の布教にあたったと言われている。

境内に安置された石造地蔵尊は高さが487cm程の国東半島最大の
地蔵尊であり、遠くからでも目立つ存在である。
また、石造仁王像が2対安置され、石造物には見るべきものがある。

<大分県のお寺一覧>参照

(1)寺名:霊仙寺(れいせんじ) (2)住所:大分県豊後高田市夷1016
(3)山号:夷山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:仁聞 (6)開創:718年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)国東六郷満山霊場第20番
2)市指定文化財の石造物
  地蔵菩薩立像:1860年 像高487cm
  仁王像(山門横):江戸時代初期
  仁王像(地蔵菩薩脇侍):江戸時代
  国東塔:桃山時代
3)参考
  夷谷(夷耶馬):県指定名勝

画像
                       全景
             続きの写真はココをクリック