正法寺 (岐阜県岐阜市) 岐阜大仏

岐阜県岐阜市の市街地にある正法寺は、1638年に開創され、
1692年黄檗宗になっている。
1791年第11代惟中和尚が巨大な釈迦如来の建立を図り、
1832年第12代肯宗和尚によって完成し、いつしか岐阜大仏と
呼ばれるようになった。

岐阜大仏は像高13.7mあり、鎌倉大仏よりも高く、時には
日本三大大仏に数えられている。
また、この時代では珍しい乾漆仏でイチョウの木を真柱としている。

正法寺は岐阜では珍しい黄檗宗で、本堂(大仏殿)も中国風である。

(1)正法寺(しょうほうじ) (2)住所:岐阜県岐阜市大仏町8
(3)山号:金鳳山 (4)宗派:黄檗宗
(5)開山:広音 (6)開創:1638年
(7)中興:千呆 1692年 (8)本尊:釈迦如来(岐阜大仏)
(9)その他
1)岐阜大仏(釈迦如来坐像):県指定文化財 1832年 乾漆仏
                  像高13.7m
 大仏胎内仏(薬師如来坐像):県指定文化財 藤原時代
 阿弥陀如来坐像:県指定文化財 藤原時代

画像
                      大仏殿

画像
                      岐阜大仏

画像
                      岐阜大仏

画像
                      五百羅漢