聖護院 (京都市左京区) 本山修験宗総本山

京都市左京区にある聖護院は、1090年園城寺の僧・増誉大僧正によって
開創された。
1090年白河上皇が熊野詣の折、増誉が先達として案内したことにより、
増誉は白河上皇から常光寺(円珍開創と伝わる)を下賜され、現在地に聖護院
として開創している。
1236年後白河法皇の皇子・静慧法親王が入寺して以来、明治維新まで
門跡寺院として栄え、聖護院門跡と呼ばれている。
応仁の乱以降、転々と寺地を変え、1676年に現在地に戻っている。

室町時代以降、修験道の中核寺院として熊野三山検校を務めた。
江戸時代には、天台宗系の本山派と真言宗系の当山派の2派が修験道
を司ったが、聖護院は本山派の中核となった。
また、江戸時代に二度にわたり御所が火災に遭い、その都度、聖護院は
仮御所となっている。

聖護院の西側はかって<聖護院の森>と呼ばれる森が展開していたそうだ。
また、<聖護院八ツ橋><聖護院大根>などの産物は、この地域を発祥と
している。

現在の聖護院は山伏・修験道などを連想する風景はなく、門跡寺院としての
風景が漂っているが、内部に祀られている仏像をお参りすることで修験道の
一端を感じる。

(1)寺名:聖護院(しょうごいん) (2)住所:京都市左京区聖護院中町15
(3)山号:なし (4)宗派:本山修験宗総本山
(5)開基:増誉大僧正 (6)開創:1090年 (7)本尊:不動明王
(8)その他
1)重要文化財仏像など
  本尊不動明王立像:藤原時代 像高116cm
  不動明王立像:藤原時代 像高114cm
  智証大師坐像:1143年 良成作
2)書院:重要文化財 江戸時代初期 1676年御所から移築
3)その他重要文化財
  熊野曼荼羅図:14世紀
  光格天皇宸翰:神変大菩薩号勅書
  後陽成院宸翰消息
  円珍入唐求法目録など(智証大師坐像胎内納入品):859年
  山城国冨家殿山絵図
4)聖護院旧仮皇居:国指定史跡
5)宸殿襖絵:狩野益信・永納の筆

画像
                       山門

画像
                       玄関

画像
                       宸殿

画像
                      宸殿前庭

画像
                       本堂

画像
                    <重文>書院