雲巌寺 (秋田県仙北市) 

秋田県仙北市角館町の東南端にある雲巌寺は、1424年から1602年まで
角館城主であった戸沢氏の家臣白岩氏によって1450年開創された禅寺で、
角館では最古刹と言われている。
秋田県文化財に指定されている山門がその古刹然を物語っている。

<東北のお寺一覧>参照

(1)寺名:雲巌寺(うんがんじ) (2)住所:秋田県仙北市角館町白岩前郷33
(3)山号:滝沢山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:白岩氏 (6)開創:1450年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)山門:県指定文化財 1778年 楼門形式仁王門
2)白岩焼千体仏:市指定文化財 地元の白岩焼陶製
3)ささら舞:県指定無形民俗文化財 獅子舞 8月中旬

画像
                       参道

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                       禅堂