信楽院 (滋賀県日野町) 日野城主蒲生家の菩提寺

滋賀県日野町にある信楽院は、奈良時代に聖武天皇の勅願により
開創されたと伝えられているが詳細は不詳である。
中世この地の領主で、後に日野城主となった蒲生家の菩提寺として
1349年蒲生高秀が再興している。
この地で生まれた蒲生氏郷は信長・秀吉の家臣として功なり、
秀吉から松阪城主・会津城主となっている。
信楽院には氏郷の遺髪墓がある。

<滋賀県湖東のお寺一覧>参照

(1)寺名:信楽寺(しんぎょういん) (2)住所:滋賀県日野町村井1500
(3)山号:佛智山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:不詳 (6)再興:蒲生高秀 1349年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本尊阿弥陀如来坐像:町指定文化財 室町時代
2)本堂:県指定文化財 1739年
3)蒲生氏郷遺髪塔
4)本堂天井絵雲龍図:江戸時代 高田敬輔筆
5)仏涅槃図:県指定文化財 南北朝時代

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                    蒲生氏郷遺髪塔