円福寺 (京都府八幡市) ダイコンツリーの風景

京都府八幡市の洞ヶ峠の近くにある円福寺は、1783年に開創された
臨済宗の専門道場で現在も多くの修行僧が修行に励んでいる。
宗派を問わず禅の修行ができるとのこと。

この円福寺で4月20日、10月20日に行われる<万人講>は、達磨堂の
<重文>達磨大師坐像が開帳され、赤膳で精進料理がふるまわれ、
開運・厄除け・中風除けの祈願を行う行事で多くの人が参拝される。
この時ふるまわれる大根漬けの<大根天日干し>が師走の時期に
見られる<ダイコンツリー>である。
2本のイチョウの木に千本近い大根が吊るされ天日干しされる風景も
毎年の風物詩になっている。

京セラの創業者稲盛和夫氏は円福寺で得度を受けている。

(1)寺名:円福寺(えんぷくじ) (2)住所:京都府八幡市八幡福禄谷153
(3)山号:雄徳山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:斯経禅師 (6)開創:1783年 (7)本尊:十六善神
(8)その他
1)修行専門道場
2)重要文化財
  達磨大師坐像:鎌倉時代 もと奈良の達磨寺にあった 像高82cm
           日本最古の達磨大師像といわれる
  大般若経:奈良時代 
3)万人講:4月20日、10月20日 この日のみ寺公開

画像
                    ダイコンツリー

画像
                       参道

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                    ダイコンツリー