長楽寺(和歌山県有田川町) <重文>仏殿

和歌山県有田川町の植野にある長楽寺は、由良町の興国寺を
開山した法燈国師(心地房無本覚心)の隠居所・廟所と伝えられ、
12世紀後半頃には存在した南城寺の跡地に、13世紀末頃創建
されたと推定されている。
12世紀末に創建された仏殿は焼失し、1577年に再建され今日に
いたっている。

(1)寺名:長楽寺 (2)住所:和歌山県有田川町植野348
(3)山号:? (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:法燈国師 (6)開創:13世紀末 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)仏殿:重要文化財 1577年 禅宗様
2)本尊阿弥陀如来坐像:町指定文化財 12世紀後半 像高87cm
3)宝篋印塔:重要美術品 鎌倉時代末期 法燈国師の墓とも伝える
4)奥の宝篋印塔・宝塔:県指定文化財 1372~75年 有田川町所有

画像
                       全景

画像
                    <重文>仏殿

画像
                    <重文>仏殿

画像
                       境内

画像
                   <重美>宝篋印塔

画像
                   奥の宝篋印塔・宝塔