太山寺(愛媛県松山市) 県下最大の<国宝>本堂

松山市経ヶ森(203m)の中腹に位置する太山寺は四国八十八ヶ所霊場
第52番であり、愛媛県下でも有数の名刹である。
<国宝>本堂は1305年の再建で、愛媛県下でも最大の木造建築と
いわれている。
開創には<一夜建立の御堂>という伝承があり、豊後国の真野長者が
一夜にしてお寺を建立したと伝えられている。
また、739年聖武天皇の勅願で行基が十一面観音を祀り開創したとも
伝えられている。
その時代ごとの地元権力者の庇護を受けて大いに栄えたといわれ、
今日も四国霊場として大いに栄えているようだ。

(1)寺名:太山寺(たいさんじ) (2)住所:愛媛県松山市太山寺町1730
(3)山号:瀧雲山 (4)宗派:真言宗智山派
(5)開基:真野長者 (6)開創:587年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第52番
2)主な伽藍
  本堂:国宝 1305年 愛媛県下最大の木造建築
  二王門(二の門):重文 1318年 当初は楼門形式
  一の門:冠木門 総門にあたる
  三の門(楼門):中門にあたる
  大師堂、聖徳太子堂、長者堂、鐘楼など
3)重文仏像
  本尊十一面観音立像:藤原時代 像高155cm
  十一面観音立像6躯:藤原時代
4)梵鐘:県指定 1383年

画像
                    <国宝>本堂

画像
                      一の門

画像
                 <重文>二王門(二の門)

画像
                       本坊

画像
                     弘法大師像

画像
                      三の門

画像
                       境内

画像
                    <国宝>本堂

画像
                    <国宝>本堂

画像
                      大師堂

画像
                      長者堂

画像
                     聖徳太子堂

画像
                       鐘楼

画像
                     正岡子規句碑
               <蒟蒻につつじの名あれ太山寺>