安養寺<吉水草庵>(京都市東山区) 法然上人ゆかりの寺

浄土宗の開祖法然上人は1175年比叡山を下りて、粟生光明寺を経て
ここ吉水草庵(現在の安養寺)を営み、1207年建永の法難で四国に
配流になるまでの30数年、吉水草庵を本拠として専修念仏の布教に
努めた。

<法然上人足跡とゆかりの寺>クリック参照

1201年には親鸞聖人も吉水草庵に入り、法然上人の教えを
受けた。
法難の後、天台宗の慈鎮和尚(慈円)が入り慈円山安養寺とした。
<法然とは知己の間といわれている>

その後、1380年代に時宗の国阿上人によって再興され時宗に改宗している。
明治時代に入り、神仏分離の影響で、境内の一部が円山公園になっている。

(1)安養寺<通称:吉水草庵> 
(2)住所:京都市東山区八坂鳥居前東入円山町624
(3)山号:慈円山 (4)宗派:時宗
(5)開基:伝教大師最澄 (6)開創:800年代初期
(7)中興:慈鎮和尚 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)伽藍など
  阿弥陀堂、書院、吉水弁財天堂など
  慈鎮和尚宝塔:重文 石造宝塔 鎌倉時代初期

画像
                       山門

画像
                    阿弥陀堂(本堂)

画像
                       書院

画像
                     吉水弁財天

画像
                  <重文>慈鎮和尚宝塔