円蔵寺<福満虚空蔵尊>(福島県柳津町) 日本三大虚空蔵尊

円蔵寺は807年、会津地域に多くの寺を開創したと伝えられる徳一上人
によって開創されたと伝わる。
弘法大師空海が彫って祀ったと伝わる虚空蔵菩薩が福満虚空蔵尊と
呼ばれ、日本三大虚空蔵尊に数えられている。
<日本三大虚空蔵尊には諸説あるが、福満虚空蔵尊、村松山虚空蔵尊
(茨城県東海村)、金剛証寺(三重県伊勢市)>
江戸時代には徳川将軍の祈願寺にもなっている名刹である。

柳津(やないづ)の町は只見川の川沿いに開けた円蔵寺の門前町で、温泉もあり
虚空蔵尊信仰と観光の町である。

円蔵寺には奥の院(塔頭)があり、室町時代の<重文>弁天堂が
残っている。

福島県のお寺クリック参照

(1)寺名:円蔵寺(えんぞうじ)<通称:福満虚空蔵尊(ふくまんこくぞうそん)>
(2)住所:福島県柳津町柳津字寺家町甲176
(3)山号:霊巌山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:徳一上人 (6)開創:807年 (7)本尊:虚空蔵菩薩
(8)その他
1)日本三大虚空蔵尊
2)奥の院弁天堂:重文 室町時代 茅葺
3)本堂(菊光堂):1830年再建
3)赤ベコ発祥の地
4)七日堂裸まいり:1月7日

画像
                  本堂から見る只見川

画像
                  本堂(左)仁王門(右)

画像
                      仁王門

画像
                       本堂

画像
                       撫牛

画像
                       庫裡

画像
                  <重文>奥の院弁天堂

画像
                  <重文>奥の院弁天堂