三室戸寺(京都府宇治市) 2万株のツツジと1千本のシャクナゲ

年に2,3回は訪れる三室戸寺が年々変化していく風景を楽しみに
すると同時に、どこまで花木を増やすのだろうと少々心配する気持ち
もある。樹木に囲まれた西国三十三所観音霊場の風景が失われは
しないかと。
緑と花木の鮮やかな色が織り混ざった風景を失わないで欲しいと
願いつつ、今日は境内の隅から隅まで歩いてみた。

その中からツツジとシャクナゲが新緑の樹々と織りなす風景を
紹介してみよう。

境内案内図を見ながらゆっくり歩いてみよう。

画像
              明星山を背景とする本堂とツツジ

画像
                    境内案内図

画像
                   山門へ向かう

画像
                山門をくぐり本堂へ向かう

画像
                 山門を過ぎて右を見る

画像
                 山門を過ぎて左を見る

画像
                本堂への石段が見えてくる

画像
                  石段脇のシャクナゲ

画像
                    本堂前の境内

画像
              西国三十三所観音霊場めぐりの人

画像
               本堂で千手観音菩薩にお参り

<石段を下りて、左の庭園へ向かう>

画像
                      石庭

画像
                  池泉回遊式の庭園

<庭園から山肌にひろがるシャクナゲ群落へ>

画像
                  コデマリも目につく

画像
                    シャクナゲ

画像
                  真赤なシャクナゲ

画像
              山肌に遊歩道が整備されている

画像
               遊歩道を登って伽藍を展望

画像
                      三重塔

画像
                       本堂

<シャクナゲ群落の遊歩道を登り詰め、これからツツジの絨毯へと下りる>

画像
               ツツジの絨毯を上から眺める

画像
                  下りて来た遊歩道

画像
                下り切ったところのツツジ

画像
                  茶所から見るツツジ

画像
             境内出口からもう一度ツツジを見る