随心院(京都市山科区) 小野小町と梅

小野小町伝説・伝承は全国33都府県260ヶ所以上あるといわれ、
生誕の地、終焉の地、ゆかりの地、在住の地などなどが東北から
九州までひろがってあり、小野小町への夢が膨らみます。
生誕の地としては、秋田県湯沢市雄勝町(小町堂)が通説として
語られ、在住の地としては、京都市山科区(随心院)が通説と
なっている。
深草少将の百夜通いは有名な恋物語である。
終焉の地の通説は諸説あるようです。

秋田で生まれ、京へ上って来たという伝説は情緒があり、秋田美人
の元祖として小野小町をみるのは伝説として成り立つのでは。

随心院は小野小町住居跡に991年開創されたと伝え、小町遺跡
がいくつか残されており、境内全体が国指定の史跡になっている。
小町ゆかりの<はねずの梅>は遅咲きの梅で3月下旬に満開となる。
この梅林は<小野梅園>といわれ、京都でも有数の名所となっている。

<随心院 四季の風景>

<京都市山科区のお寺一覧>

(1)寺名:随心院(ずいしんいん)
(2)住所:京都市山科区小野御霊町35
(3)山号:牛皮山 (4)宗派:真言宗善通寺派大本山
(5)開山:仁海 (6)開創:991年
(7)本尊:如意輪観音
(8)その他
1)重要文化財
  如意輪観音坐像:鎌倉時代
  金剛薩埵坐像:鎌倉時代 快慶作
  など7件
2)境内:国指定史跡
3)はねず踊り:3月末
4)訪問日:2~3年に一度

(0総門(26-401-2)(00)随心院 (64).JPG
                  総門

(2参道(26-401-2)(00)随心院 (3).JPG
                  参道

<小野梅園>

(10(26-4012)(00)随心院 (10).jpg

(11小野煤煙(26-4012)(00)随心院 (3).jpg

(12梅園(26-4012)(00)随心院 (2).jpg

(13梅園(26-4012)(00)随心院 (4).jpg

(14梅園(26-4012)(00)随心院 (18).jpg

(16梅園(26-4012)(00)随心院 (17).jpg

(15梅園(26-4012)(00)随心院 (16).jpg

<伽藍と庭園>

(21薬医門(26-401-2)(00)随心院 (46).JPG
                  薬医門

(22長屋門(26-401)(00)随心院長屋門.jpg
                 長屋門

(23庫裡門(26-401)(00)随心院庫裏入口.jpg
                 通用門

(24庫裡(26-401-2)(00)随心院 (8).JPG
                  庫裡

(25小野小町歌碑(26-401-2)(00)随心院 (10).JPG
               小野小町歌碑

(26)ー0)表玄関((26-401)(00)随心院大玄関.jpg
                 表玄関

(27)表余韻(26-401)(00)随心院大玄関(左)表書院(中)能之間(右).jpg
               中央に表書院

(28(26-401)(00)随心院能之間.jpg
                 能之間

(29能の間から(26-401-2)(00)随心院 (19).JPG
                能之間から

(30本堂(26-401)(00)随心院本堂.jpg
                  本堂

(26-401)(00)随心院庭園.jpg
                 庭園

(31庭園(26-4012)随心院 (1).JPG
                  庭園

<小野小町ゆかりの遺跡>

(32小町化粧井戸(26-4012)(00)随心院 (7).jpg
               小町化粧井戸

(33小町文塚(26-4012)(00)随心院 (30).jpg
                小町文塚