光明禅寺<光明寺>(福岡県太宰府市) 九州随一の枯山水庭園

春はシャクナゲ、初夏は新緑、秋は紅葉、それに苔と石が織り成すハーモニー
と四季を通じて名演奏を奏でる光明禅寺の庭園は、渡唐天神の縁起に基づき
海をテーマに作庭された枯山水庭園である。
石組や苔を島と大陸に見立て、水を表す白砂が東から西へ流れて大海となる
風景を演じている。<一滴海の庭>と名づけられている。

この庭園は、もとあった庭園に20世紀を代表する作庭家重森三玲が手を
加えて1957年に出来上がった庭であり、本堂前庭の<仏光石庭>と対を
なして風景を造っている。

私が訪れたのは、晩秋の紅葉が散り染めた頃であり、薄赤い絨毯が敷き詰められた
何ともいえない風景であった。
何度も訪れたいお寺である。

(1)寺名:光明禅寺<別名:光明寺、苔寺> 
(2)住所:福岡県太宰府市大宰府2-16-1 (3)山号:神護山
(4)宗派:臨済宗東福寺派 (5)開山:鉄牛円心 (6)開創:1273年
(7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)大宰府天満宮の結縁寺:天満宮社家の菩提寺
2)一滴海の庭:枯山水庭園 1957年 重森三玲作 九州随一の枯山水庭園
3)仏光石庭:石庭 重森三玲作
4)渡唐天神伝説:お寺の開創に関する伝説

画像

                       一滴海の庭

画像

                       一滴海の庭

画像

                       一滴海の庭

画像

                       一滴海の庭

画像

                         仏光石庭

画像

                          山門

画像

                          本堂

画像

                          書院