瑞巌寺(宮城県松島町)

日本三景のひとつ松島を訪れた人はほんどが瑞巌寺を訪れるであろう観光の
目玉になっているお寺。
私の場合は逆で、瑞巌寺を訪れたついでに松島観光をさせてもらった。

伊達政宗が再建し、菩提寺になっている瑞巌寺は寺格も高くその伽藍も
歴史を漂わせる風格がある。

瑞巌寺の開山も慈覚大師円仁と伝えるが、東北の三大寺(中尊寺、立石寺、瑞巌寺)
はともに円仁が開山したと伝えるほどに円仁の東北での活動が活発である。
<円仁開山と伝わる東北のお寺は330余りになるそうだ>

(1)寺名:瑞巌寺(ずいがんじ) (2)住所:宮城県松島町松島字町内91
(3)山号:松島青龍山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派 (5)開山:慈覚大師円仁
(6)開創:828年 (7)中興開基:北条時頼 1259年  伊達政宗 1609年
<現在の伽藍の礎は伊達政宗による>
(8)本尊:聖観音

(9)その他
1)仙台藩主伊達家の菩提寺:墓所は仙台市の瑞鳳殿にある
2)国宝伽藍
  本堂(方丈)・御成玄関:1609年建立 禅宗様の桃山建築
  庫裡と廊下:1609年頃 典型的な禅宗様の庫裡建築
3)重要文化財伽藍
  五大堂:1604年 海の岩上に建立
  御成門:1609年頃 薬医門形式
  中門:1609年頃 四脚門形式
  塔頭円通院霊屋:1647年 伊達光宗の霊屋
4)その他主な重要文化財
  本堂障壁画161面、  五大明王像:五大堂の本尊 平安時代中期
  雲版:1326年銘 日本で2番目に古い記年銘入りの雲版
     <一番目:長光寺(埼玉県飯能市) 1313年
      三番目:妙本寺(鎌倉市) 1337年  ともに重要文化財>
5)芭蕉は何故松島で句を残さなかったか。?

画像

                         五大堂

画像

                          総門

画像

                         法身窟

画像

                          参道

画像

                          中門

画像

                          庫裡

画像

                         御成門

画像

                         御成玄関

画像

                          本堂

画像

                          廊下

画像

                        本堂横の庭園

画像

                        円通院霊屋