醍醐寺(京都市伏見区) その4 下醍醐の境内1

<その4、その5>では下醍醐の境内と醍醐寺の仏像などを紹介します。
<残念ながら三宝院殿舎・庭園は撮影禁止のため写真を掲載できません>

醍醐寺その1その2その3その5その6>を参照

(1)主な仏像
  薬師三尊像:国宝 913年 カヤの一木造 中尊像高177cm
  本尊薬師如来坐像:重文 鎌倉時代 金堂安置
  弥勒菩薩坐像:重文 1192年 快慶作 112cm 三宝院本堂安置
  不動明王坐像:重文 1203年 快慶作 59cm
  不動明王坐像:重文
  阿弥陀如来坐像:重文 12世紀 86cm
  銅造阿弥陀如来坐像:重文 12世紀 19cm
  聖観音立像:重文 9世紀 52cm
  如意輪観音坐像:重文 10世紀 50cm
  千手観音立像:重文 10世紀 191cm
  地蔵菩薩立像:重文 13世紀 164cm
  帝釈天騎象像:重文 10世紀 109cm
  吉祥天立像:重文 12世紀 166cm
  金剛力士立像:重文 1134年 仁王門安置
  五大明王像:重文 10世紀
  大威徳明王立像:重文 10世紀 127cm 五大堂安置
  閻魔天騎牛像:重文 12世紀 93cm
  理源大師坐像:重文 1667年 吉野種次作 開山堂安置

(2)下醍醐伽藍(文化財以外)
  弁天堂:林泉に1930年建立
  大講堂:1930年
  祖師堂:1605年 弘法大師と理源大師を奉る
  仁王門(西大門):1605年
  霊宝館:国宝・重文など10万点の文物収蔵・展示(春・秋公開)
  女人堂(成身院):江戸時代 上醍醐への入口

順路に従って紹介します。

画像

                          総門
                        <主入口>

画像

                       総門横の外塀

画像

                       参道(総門から)

境内の南側の入口門を見てみよう。

画像

                       黒門(境内南西)

画像

                       参道(黒門から)

画像

                       南門(境内南)

画像

                      高麗門(五重塔横)
                      <常時は閉鎖>

総門から入って左手に三宝院がある。入場は有料。

画像

                        三宝院表門

画像

                     <国宝>三宝院唐門

画像

                    <国宝・重文>三宝院殿舎
                     <内部は撮影禁止>

画像

                     <重文>三宝院大玄関

画像

                     <重文>三宝院庫裡

画像

                       三宝院寺務所
                     <醍醐寺寺務所>

総門を入って右手に進むと黒門へ至る。その左右に

画像

                         霊宝館

画像

                        雨月茶屋

画像

                       報恩院護摩堂

総門からまっすぐ参道(桜並木)を進むと仁王門(西大門)

画像

                         仁王門

仁王門からの入場は有料

画像

                    参道(右に五重塔左に金堂)

画像

                  <重文>清滝宮本殿(五重塔前)

画像

                        清滝宮拝殿

画像

                      <国宝>五重塔

続きは<その5>参照