法然寺(香川県高松市) 法然上人ゆかりの寺

浄土宗開祖の法然上人が1207年四国に配流され、逗留された生福寺
(現在のまんのう町)が江戸時代に移転し創建されたお寺

<法然上人足跡とゆかりの寺>クリック参照

(1)寺名:法然寺(ほうねんじ) (2)住所:香川県高松市仏生山町甲3215

(3)山号:仏生山 (4)宗派:浄土宗 (5)開基:松平頼重(高松藩初代藩主)

(6)開創:1670年 (7)本尊:阿弥陀如来

(8)その他

1)法然上人二十五霊場第2番

2)高松藩主松平家の菩提寺

3)般若台:法然上人供養塔、高松藩主松平家の墓所

4)釈迦涅槃像、二十五菩薩像

(9)風景

1)お寺の門前町は讃岐うどん発祥の地

2)お寺の横にひろがる前池と伽藍の配置が実に調和がとれ、藩主菩提寺
  としての風格を漂わせている

画像

                          前池

画像

                          黒門

画像

                          仁王門

画像

                          二尊堂

画像

                          来迎堂

画像

                        高松藩主墓所

画像

                          庫裡

画像

                          涅槃堂

画像

                          本堂