お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 総泉寺 (鳥取県米子市)

<<   作成日時 : 2017/11/23 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

広い敷地の総泉寺は、1607年米子藩主・中村一忠が母の菩提を
弔うために開創したと伝えられている。
この開創の経緯には諸説があり、その一つは藩主の父・一氏の菩提を
弔うためにとか、養母の菩提を弔うためとかなど。
いずれにしても、このお寺は西の堅めのために砦として設計されたと
いわれている。
中村一忠は1609年20歳の若さで亡くなり、藩主は加藤氏に代わるが、
米子藩は1600〜1617年の短命に終わっている。
しかし、総泉寺は伯耆西部における曹洞宗寺院の僧録所として栄えた
といわれている。
現在も大寺の面影を残している。

(1)寺名:総泉寺(そうせんじ) (2)住所:鳥取県米子市愛宕町38
(3)山号:大龍山 (4)宗派:曹洞宗
(5)勧請開山:実峰良秀 (6)開基:中村一忠 (7)開創:1607年
(8)本尊:聖観音

画像
                        総門

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

総泉寺 (鳥取県米子市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる