お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 運得寺 (愛知県東海市) 木田城主・荒尾氏の菩提寺

<<   作成日時 : 2017/04/27 09:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

運得寺は、16世紀に木田城主・荒尾空善が荒尾氏の菩提寺として
開創したと伝えられ、荒尾氏の墓塔といわれる宝篋印塔が3基
残されている。
荒尾氏は鎌倉時代から続く豪族で、鎌倉幕府の御家人、室町幕府の
奉公衆として、戦国時代に入り木田城主となり、織田信長に従い、
池田氏と縁戚関係となっている。
特に、池田輝政に仕え、江戸時代には鳥取藩主池田氏の家老も
務めている。

(1)寺名:運得寺(うんとくじ) (2)住所:愛知県東海市荒尾町西屋敷84
(3)山号:雲龍山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:荒尾空善 (6)開創:16世紀 (7)本尊:地蔵菩薩
(8)その他
1)宝篋印塔3基:市指定文化財 伝荒尾氏の墓塔
2)宝篋印塔:市指定文化財 1406年

画像
                        外観

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                       薬師堂

画像
                     伝荒尾氏の墓塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

運得寺 (愛知県東海市) 木田城主・荒尾氏の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる