お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 義宣寺 (福井県勝山市)

<<   作成日時 : 2017/03/14 08:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1573年織田信長は朝倉義景を滅ぼし、続いて越前一向一揆を治め、
1576年柴田勝家が北陸の統治者として任命されている。
その勝家に信頼を得ていた家臣の柴田勝安(勝政)は勝山地区を統治し、
1580年勝山城を築城している。
この勝安が養父の柴田義宣の菩提を弔うために1577年義宣寺を
開創したといわれている。
勝安は1583年の賤ヶ岳の戦いで戦死したとも生き永らえたとも
いわれているが詳細は不詳である。
勝安の菩提も義宣寺で弔らわれいる。
 
勝安の勝山での活躍も短いが、勝山の基盤整備に大いに貢献した
と伝えられている。

(1)寺名:義宣寺(ぎせんじ) (2)住所:福井県勝山市栄町3−4−24
(3)山号:白麓山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:祚玖 (6)開基:柴田勝安 (7)開創:1577年
(8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)柴田義宣墓:市指定史跡

画像
                       裏参道

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像


画像
                        鐘楼

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

義宣寺 (福井県勝山市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる