お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 正源寺 (岐阜県瑞浪市) 六地蔵石幢

<<   作成日時 : 2017/01/23 09:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

境内に建つ六地蔵石幢は1676年建立で瑞浪市の文化財に指定されている。
円筒の幢身の上に、燈籠のような龕を置き、各面に地蔵菩薩を刻み、
六地蔵信仰を表している。
石幢は鎌倉時代から造られ、南北朝時代から六地蔵を刻み始めている。
六地蔵信仰は平安時代からあるが、室町時代以降盛んになっている。
日本全国のほとんどのお寺には六地蔵が祀られている。

正源寺は1656年開創されている。花木の多いお寺である。

(1)寺名:正源寺(しょうげんじ) (2)住所:岐阜県瑞浪市土岐町681
(3)山号:天徳山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開創:1656年 (6)本尊:釈迦牟尼
(7)その他
1)六地蔵石幢:市指定文化財 1676年

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                      六地蔵石幢

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

正源寺 (岐阜県瑞浪市) 六地蔵石幢 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる