お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪内不動堂 (三重県松阪市阪内町) 不動滝

<<   作成日時 : 2017/01/09 09:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

阪内川に沿ってはしる県道29号の不動前バス停から不動川にそって
林道を山中へ。600mほどの小丘に阪内不動堂が建ち、その裏手に
落差30mの不動滝が落ちている。
阪内不動堂は、室町時代の阪内城主・阪内氏の菩提寺であった蓮華寺
(廃寺)の奥の院であったといわれている。
阪内城は阪内氏による1415年築城といわれ、1576年坂内氏滅亡に
よって廃城となったといわれている。

静寂に包まれた山中に滝の落ちる音が微かに流れる。

(1)寺名:阪内不動堂(さかないふどうどう)
(2)住所:三重県松阪市阪内町花厳寺308
(3)宗派:浄土宗 (4)開創:1400年代 (5)本尊:不動明王
(6)その他
1)阪内不動堂境内:市指定名勝

画像
                   県道29号阪内バス停

画像
                        林道

画像
                        境内

画像
                       不動堂

画像
                       不動滝

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

阪内不動堂 (三重県松阪市阪内町) 不動滝 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる