お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 安養院 (和歌山県高野町高野山) 高野山子院宿坊

<<   作成日時 : 2016/09/06 09:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

安養院は高野山中央に位置し、高野山大学の東隣にある宿坊で、
金蔵院も同一境内にある。
安養院の開創は不詳であるが、鎌倉時代末期に融通念仏宗の僧・法明上人
が10年間修行し再興したといわれている。
境内には法明上人を祀る法明堂もある。
また、16世紀には中国地方の覇者・毛利元就の帰依を受け、毛利家の
菩提寺にもなっている。
目立たない宿坊であるが、静かな佇まいが好まれている。

(1)寺名:安養院(あんにょういん) (2)住所:和歌山県高野町高野山412
(3)宗派:高野山真言宗高野山子院 宿坊
(4)開創:不詳 (5)本尊:大日如来
(6)その他
1)大日如来坐像:重要文化財 藤原時代
2)文禄三年連歌懐紙:県指定文化財 1594年
3)愛染明王坐像(金蔵院本尊):重要文化財 江戸時代

画像
                        参道

画像
                        境内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

安養院 (和歌山県高野町高野山) 高野山子院宿坊 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる