お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 医王寺 (兵庫県篠山市) ラッパイチョウ

<<   作成日時 : 2016/08/18 10:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

医王寺本堂前のイチョウは<ラッパイチョウ>と呼ばれるイチョウの変種で、
普通の葉に混じってロート状の葉(ラッパ葉)が全体の1割ほど見られる。
特に、このラッパイチョウはラッパ葉の出現率が高いとして兵庫県の
天然記念物に指定されている。
医王寺は応永年間(1394〜1428年)の開創と伝えられる。
現在は無住である。

(1)寺名:医王寺(いおうじ) (2)住所:兵庫県篠山市北165
(3)山号:東護山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:澄昭良源 (6)開創:1394〜1428年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)ラッパイチョウ:県指定天然記念物

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                     ラッパイチョウ

画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

医王寺 (兵庫県篠山市) ラッパイチョウ お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる