お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 願念寺 (福井県福井市)

<<   作成日時 : 2016/02/27 09:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1471年蓮如上人が吉崎御坊に入り、北陸に一向宗(浄土真宗)の布教を
拡大したが、この頃から一向一揆が生じた。
1506年北陸一向宗と越前・朝倉氏との九頭竜川の戦いで、一向衆は敗れ
加賀に逃れたが、吉崎御坊は破壊されている。
この時、越前の願念寺も加賀の松任に逃れ、松任願念寺を開創している。
その後、越前願念寺も現在地に再興されている。

越前願念寺の開創については不詳である。
本堂は1806年建立の真宗様で、天井絵が描かれている。

(1)寺名:願念寺(がんねんじ)<別名:月輪願念寺> 
(2)住所:福井県福井市石新保町18−35
(4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)国登録文化財
  本堂:1806年  納骨堂:1929年 
2)本堂天井絵:市指定文化財 1806〜25年

画像
                       九頭竜川

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

願念寺 (福井県福井市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる