お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 法蔵寺 (愛知県あま市)

<<   作成日時 : 2016/01/12 09:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

法蔵寺の本尊・鉄造地蔵菩薩には次のような謂れが残っている。
 地元(あま市蜂須賀)の領主から豊臣秀吉の片腕となった蜂須賀小六正勝
が、1560年の桶狭間の戦いに出陣の折、戦勝を祈願して蓮華寺(あま市蜂須賀)
の鉄造地蔵菩薩を戦場へ持ち出したが、あまりに重いので中橋郷の地に置いて、
錫杖だけを持参し活躍したといわれている。
その後、この錫杖のない鉄造地蔵菩薩を本尊として法蔵寺が開創されたと
いわれている。
一方、鉄錫杖は現在の徳島市・如意輪寺に残されている。
これ以来、蜂須賀家では馬印として錫杖がかかげられたとか。

(1)寺名:法蔵寺(ほうぞうじ) (2)住所:愛知県あま市中橋郷中16
(3)山号:珠応山 (4)宗派:浄土宗西山禅林寺派
(5)開山:永照良慶 (6)開創:1564年 (7)本尊:地蔵菩薩
(8)その他
1)鉄造地蔵菩薩立像:重要文化財 1230年 像高159cm

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

法蔵寺 (愛知県あま市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる