お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 西伝寺 (静岡県浜松市南区)

<<   作成日時 : 2016/01/11 09:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

天台宗の僧・皇円阿闍梨は日本三大史書<扶桑略記>を撰した高僧で、
また法然上人の師でもある。
この皇円阿闍梨が1169年現在の静岡県御前崎の桜ヶ池で入定したと
いわれ、1176年法然上人は2人の弟子を伴って桜ヶ池へ参詣したと
いわれている。
その帰りに弟子の一人・西伝が草庵を築いたのが西伝寺の始まりと
伝えられている。
本堂前のイブキの木は法然上人の手植えといわれている。
なお、皇円阿闍梨の事は判然としないが、法然上人絵伝が手掛かりと
いわれている。

(1)寺名:西伝寺(せいでんじ) (2)住所:静岡県浜松市南区西伝寺町81
(3)山号:源宝山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:西伝 (6)開創:1176年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)イブキ:市指定天然記念物 推定樹齢800年

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                    法然上人像とイブキ

画像
                       イブキ

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

西伝寺 (静岡県浜松市南区) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる