お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 金剛座寺 (三重県多気町)

<<   作成日時 : 2015/11/19 09:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

金剛山の山頂近くに建つ金剛座寺は、673年藤原鎌足の開創とも、
また680年鎌足の子・不比等の開創とも伝えられている。
四国霊場の志度寺とも深いゆかりのある古刹である。
幾多の災害や兵火により盛衰を繰り返したが、戦後には一時無住の
時期もあった。
1996年再興され今日に至っている。
山の上にある山寺然としたお寺で、住職の並大抵でない努力が計り知れる。

歌聖ともいわれる西行が訪れたといわれ、西行の歌がご詠歌になっている。

(1)寺名:金剛座寺(こんごうざじ) (2)住所:三重県多気町神坂169
(3)山号:摩尼山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:藤原鎌足または藤原不比等 (6)開創:673または680年
(7)本尊:如意輪観音
(8)その他
1)神像:町指定文化財 平安時代 像高31cm
2)鰐口:町指定文化財 1420年

画像
                     山門(修理中)

画像
                        境内

画像
                      ホルトの木

画像
                        本堂

画像
                        客殿

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

金剛座寺 (三重県多気町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる