お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 興徳寺 (福井県越前市)

<<   作成日時 : 2015/11/14 09:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

戦国時代、長さ3mにもおよぶ刀を振るったといわれる越前朝倉氏の家臣・
真柄十郎左衛門直隆は、講談・落語などにも登場する豪剣無双の武士で、
1570年朝倉・浅井軍と織田・徳川軍が戦った姉川合戦において、大太刀
を振るって奮戦したが、討ち死している。
真柄氏が使ったといわれる大太刀は熱田神宮などに現存している。
十郎左衛門は真柄氏の菩提寺・興徳寺に葬られている。

興徳寺は、一遍上人の弟子・他阿(真教)が北陸遊行中の1290年に
開創したと伝えられている。
他阿上人は時宗2世として、全国遊行し多くのお寺を開創している。

(1)寺名:興徳寺(こうとくじ) (2)住所:福井県越前市宮谷町29−20
(3)山号:生蓮山 (4)宗派:時宗
(5)開基:他阿(真教) (6)開創:1290年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        全景

画像
                        山門

画像


画像
                        本堂

画像
                        境内

画像


画像
                    真柄十郎左衛門の墓

画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

興徳寺 (福井県越前市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる