お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 来生寺 (石川県小松市)

<<   作成日時 : 2015/10/23 09:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

来生寺は、青森県で天台宗・妙円寺として開創されたが詳細については
不詳である。16世紀前半に証如上人に帰依し、浄土真宗に改宗している。
1652年青森県鯵ヶ沢町に移って、来生寺と改名している。
その後、何故かお寺は分寺され、一方は現在の青森県鯵ヶ沢町に残り、
他方は小松市来生寺として移っている。

小松市を流れる梯川堤下に、山門として長屋門が建つ。
この長屋門は小松城の遺構で、明治時代初期に移されている。

(1)寺名:来生寺(らいしょうじ) (2)住所:石川県小松市園町チー6
(3)山号:藤園山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)長屋門(山門):市指定文化財 江戸時代

画像
                        梯川

画像
                        全景

画像
                       長屋門

画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

来生寺 (石川県小松市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる