お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 無動寺 (三重県名張市) 名張の名刹

<<   作成日時 : 2015/09/28 09:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

無動寺は弘仁年間(810〜824年)に弘法大師によって開創されたと
伝えられ、以降七堂伽藍を備え大いに栄え、伊賀領主の祈願所とも
なった。
1581年織田信長の伊賀攻めで伽藍は焼失したが、1593年には
現在地に再興され、津藩主藤堂家の一門・名張藤堂氏が1636年名張を
治めるようになった後、名張藤堂氏や津藤堂氏の祈願所となり、再び
栄えるようになったといわれている。
また、真言宗中本山としての寺格もあった。

古刹としての風景とともに文化財も多く残っている。
境内には古木も見られる。

(1)寺名:無動寺(むどうじ) (2)住所:三重県名張市黒田902
(3)山号:秀山 (4)宗派:真言宗醍醐派
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:810〜824年 (7)本尊:不動明王
(8)その他
1)本尊・不動明王立像:重要文化財 藤原時代 像高96cm
2)両界曼荼羅:市指定文化財 鎌倉時代
3)阿弥陀如来来迎図:市指定文化財 鎌倉時代
4)十三重石塔:1475年

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        本坊

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                       境内から

画像
                       護摩堂

画像
                      十三重石塔

画像
                       閻魔堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

無動寺 (三重県名張市) 名張の名刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる