お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 楊柳寺 (兵庫県多可町)

<<   作成日時 : 2015/09/12 14:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

北播磨の山あいに、長く続く石段が古刹然とした風景を想像させ、
登って行くとそれに違わず古色蒼然の気を感じる。
楊柳寺は651年インドから飛来したとする伝承上の法道仙人によって
開創されたと伝えられる古刹なのである。
天正年間(1573〜92年)織田信長軍の兵火に罹り全山焦土と
化している。
江戸時代初期に再興され、広い森林境内を持っている。
現在は、2塔頭(法持院、薬王院)が管理している。

本尊の楊柳観音は手に柳を持つ聖観音の一種で、33観音の
一つである。
奈良・大安寺の楊柳観音が有名である。
他に、6体の仏像は平安時代の作で、兵庫県の文化財に指定
されている。

(1)寺名:楊柳寺(ようりゅうじ) (2)住所:兵庫県多可町八千代区大和774
(3)山号:柳山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:法道仙人 (6)開創:651年 (7)本尊:楊柳観音
(8)その他
1)本堂:国登録文化財 1751年
2)仁王門:国登録文化財 江戸時代中期
3)楊柳観音立像:町指定文化財 7世紀後半 像高180cm
4)県指定文化財仏像
  十一面観音立像3体:平安時代前期
  毘沙門天立像:藤原時代 像高135cm
  千手観音立像:藤原時代 像高180cm
  兜跋毘沙門天立像:藤原時代 像高155cm

画像
                       仁王門

画像
                       仁王像

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像


画像
                       阿弥陀堂

画像
                      塔頭法持院

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

楊柳寺 (兵庫県多可町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる