お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 隣海院 (静岡県湖西市)

<<   作成日時 : 2015/08/25 09:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

江戸時代に設けられた新居関所の西側、山裾を通る寺道に、隣海院は
ある。
新居関所は1600年、浜名湖入口に近い元屋敷(今切口)に徳川家康
によって設けられ、元禄年間の津波によって罹災し中屋敷へ移転、
1707年宝永地震によって再び現在地に移転している。
新居関所は東海道の重要な関所であり、新居宿も大いに栄えた。
現在残る新居関所遺構は非常に珍しい関所遺構であり、国の
特別史跡になっている。

隣海院は1436年日ヶ崎に開創されたが、宝永地震の被害を受け、
1708年現在地に再興されている。
山門上部に安置されている<ジキジキ像>(レプリカ)は珍しい像である。

(1)寺名:隣海院(りんかいいん) 
(2)住所:静岡県湖西市新居町新居1353−1
(3)山号:新居山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:真達将公 (6)開創:1436年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)ジキジキ坐像:市指定文化財 江戸時代

画像
                       新居関所

画像
                        寺道

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

隣海院 (静岡県湖西市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる