お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 持宝院 (岡山県岡山市北区) 秀吉の本陣跡

<<   作成日時 : 2015/06/02 08:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1582年4月、羽柴秀吉は備中高松城を攻めるために、高松城の
北方にある龍王山に本陣を構え、5月には石井山中腹にある持宝院
に本陣を移し、高松城の水攻めに箸手している。
本能寺の変後、6月に入って毛利方と和睦をかわし、中国大返しで
明智光秀を討っている。
持宝院はその後、山麓に再興されている。

持宝院の<文英様石仏>は吉備固有の石仏で、十一面観音が
線彫りされ、1545年の造立で福成寺の銘がある。

(1)寺名:持宝院(じほういん) (2)住所:岡山県岡山市北区立田835
(3)山号:経王山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開創:不詳 (6)本尊:?

画像
                       石井山

画像
                        全景

画像
                      文英様石仏

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

持宝院 (岡山県岡山市北区) 秀吉の本陣跡 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる