お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 元昌寺 (岐阜県多治見市)

<<   作成日時 : 2015/05/05 09:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

甲斐武田氏が1560年代東濃に進出して来た時に、その先陣として
武田一族の若尾元昌が根本砦を城山山頂に築き、居館を山麓に
建立している。
1582年には森長可に従い、1584年の小牧長久手の戦いで、
嫡子の若尾元美が戦死し、若尾氏は農民として根本の里に定着している。
1584年に居館を若尾氏の菩提寺として元昌寺を開創している。
同時に、甲斐から先祖の墓石塔(根本宝篋印塔)を移している。

(1)寺名:元昌寺(げんしょうじ) (2)住所:岐阜県多治見市根本町9−157
(3)山号:高社山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:絶同 (6)開基:若尾元昌 (7)開創:1584年
(8)本尊:聖観音
(9)その他
1)根本宝篋印塔3基:市指定文化財 1391年、1414年

画像
                        参道

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        庭園

画像
                     根本宝篋印塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

元昌寺 (岐阜県多治見市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる