お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 弘願寺 (奈良県吉野町吉野山) 関屋地蔵

<<   作成日時 : 2015/05/01 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

吉野山ロープウェイ山上駅から金峯山寺黒門へと向かう辺りの桜を
<関屋桜>と呼んでいるが、かっては、この辺りに関所があったことから
呼ばれているらしい。
<関屋桜跡>の石碑も建っている。
この辺りに安置されていた1515年造立の地蔵尊を<関屋地蔵>と呼び、
それが黒門を越えて右手に建つ弘願寺に明治時代初期祀られ、
この地蔵尊は歯のことにご利益があると篤い信仰を集めている。

弘願寺は、元は金峯山寺の一坊・上の坊であったが、明治時代の修験宗
排斥にあい、真言宗のお寺として再興されている。

(1)寺名:弘願寺(こうがんじ) (2)住所:奈良県吉野町吉野山2591
(3)山号:来迎山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)阿弥陀如来立像:県指定文化財 1260年 弁貫作

画像
                        黒門

画像
                       弘願寺

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

弘願寺 (奈良県吉野町吉野山) 関屋地蔵 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる