お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大日寺 (奈良県吉野町吉野山)

<<   作成日時 : 2015/04/04 14:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

吉野山中千本にヒッソリと建つ大日寺は、役行者の高弟・日雄角乗が白鳳時代に
開創したと伝わる日雄寺の跡地に建立されたといわれている。
日雄寺が室町時代に焼失した折に、五智如来像は助け出され、それを安置する
大日寺が建立されたと。
本尊の五智如来像は重要文化財に指定された数少ない仏像である。
東寺(京都市)、安祥寺(京都市)などの例がある。

1333年元弘の乱において、吉野落城の際に護良親王(後醍醐天皇の皇子)の
身代りとなって、壮烈な最期を遂げた村上義光・義隆父子の菩提寺でもある。

(1)寺名:大日寺(だいにちじ) (2)住所:奈良県吉野町吉野山2357
(3)山号:日雄山 (4)宗派:真言宗醍醐派
(5)開山:日雄角乗 (6)開創:7世紀後半 (7)本尊:五智如来
(8)その他
1)五智如来坐像:重要文化財 藤原時代

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大日寺 (奈良県吉野町吉野山) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる