お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 浄蓮寺 (三重県津市芸濃町) 石山観音

<<   作成日時 : 2014/12/19 09:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

津市最北端の鈴鹿CCゴルフ場の北外れに、石山観音と呼ばれる40数体の
磨崖仏が集積する公園(石山観音公園)がある。
古いものは鎌倉時代末期まで遡り、新しいものは江戸時代末期のものまで、
長い期間に亘っている。
江戸時代初期以降、浄蓮寺の別坊・浄蓮坊がこれらの石山観音磨崖仏を
護ってきたといわれている。現在は津市が管理している。
浄蓮寺には、<聖観音磨崖仏>のモデルとなった唐招提寺・聖観音の
模写が残っており、貴重な資料となっている。

石山観音公園は散策のスポットとして拝観者も多いらしい。

(1)寺名:浄蓮寺(じょうれんじ) (2)住所:三重県津市芸濃町楠原497
(3)山号:旧石山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)聖観音立像(画):県指定文化財 唐招提寺・聖観音の模写
2)参考
  石山観音の内、次の三体磨崖仏が県指定文化財
  阿弥陀如来磨崖仏:鎌倉時代末期
  地蔵菩薩磨崖仏:鎌倉時代末期〜南北朝時代
  聖観音磨崖仏:1848年

画像
                    阿弥陀如来磨崖仏

画像
                     地蔵菩薩磨崖仏

画像
                     聖観音磨崖仏

画像
                     谷底の磨崖仏

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

浄蓮寺 (三重県津市芸濃町) 石山観音 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる