お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑞泉寺 (和歌山県新宮市) 大寺の梵鐘

<<   作成日時 : 2014/12/11 10:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

瑞泉寺(大寺)の梵鐘は、寛文年間(1661〜73年)に地元の人から寄進され、
1685年頃住職が刻毎に(2時間)鐘を撞いて時刻を報せたといわれている。
1705年に新たに鋳造され、1955年まで鐘が時刻を報せ続けたといわれている。
<大寺の梵鐘>として文化財に指定されている。

(1)寺名:瑞泉寺(ずいせんじ) (2)住所:和歌山県新宮市薬師町2−14
(3)山号:神光山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:心蓮三誉 (6)開創:1608年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)大寺の梵鐘:市指定有形民俗文化財
2)板碑:市指定文化財 1613年 開山碑

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

瑞泉寺 (和歌山県新宮市) 大寺の梵鐘 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる