お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 仏南寺 (京都府綾部市) 綾部の古刹

<<   作成日時 : 2014/08/06 08:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

仏南寺の開創については不詳であるが、平安時代前期に編纂された<六国史>
の第六にあたる<三代実録(858〜887年)>の中に863年には仏南寺が
記載され、官寺で真言宗で七堂伽藍の大寺であったことが判明している。
万治年間(1658〜60年)に再興されて臨済宗の禅寺となっている。
仏像には平安時代前期造立と考えられている虚空蔵菩薩立像が伝わっている。

何度かの盛衰を経て、伽藍や境内は整備され桜の木も植生されて
古刹が蘇っている。

(1)寺名:仏南寺(ぶつなんじ) (2)住所:京都府綾部市里町向屋敷103
(3)山号:阿日山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開創:863年以前 (6)本尊:釈迦牟尼
(7)その他
1)虚空蔵菩薩立像:市指定文化財 平安時代前期 像高182cm
  大日如来坐像:市指定文化財 藤原時代 像高122cm

画像
                        全景

画像


画像


画像
                        本堂

画像


画像
                       観音堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

仏南寺 (京都府綾部市) 綾部の古刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる